Translation last updated: 18 Nov 2015.
This documentation is for LoopBack 2.x.
For the latest information, see the LoopBack documentation in English.
Skip to end of metadata
Go to start of metadata

LoopBack は、高い機能拡張性を持った、オープンソースの Node.js のフレームワーク です。

  • ほとんど、あるいは全くコードを書かずに、動的な end-to-end の REST APIs を作成できる。
  • 主要なリレーショナル・データベース、MongoDB、SOAPやREST APIのデータにアクセスできる。
  • モデル・リレーションシップと複雑なAPIへのアクセス制御を統合できる。
  • モバイルアプリのための、プッシュ通知、Geolocation、ファイル管理が扱える。
  • Android、iOS、JavaScript SDK のクライアントアプリを簡単に作ることができる。
  • オンプレミスでもクラウドでも動かすことができる。
Icon

LoopBackを使ったアプリ作成に必要なキー・コンセプトを学ぶには、 LoopBack core concepts をお読み下さい。

LoopBackの特徴についての入門は Getting started with LoopBack を参照して下さい。

LoopBackフレームワーク

See also:

Node.jsは初めてですか? 他の言語からNode.jsに入門する方は以下の記事を読んで下さい:

LoopBackフレームワークは、Node.jsモジュールの集合体です。それぞれのモジュールは一緒に利用することも、個別に利用することも出来ます。

LoopBackアプリケーションは、LoopBackモデルAPIを通して、データソースと通信します。APIはローカル環境のNode.jsでも利用できますし、REST経由でリモートでも利用できますしiOS、Android及びHTML5のネイティブクライアントAPI経由でも利用できます。これらのAPIを利用すると、データベースへの問い合わせや、データの保存、ファイルアップロード、Eメールの送信、Push通知、ユーザ登録、その他のデータソースやサービスで提供されるアクションを実行することができます。

クライアントはStrong Remotingを利用して直接LoopBack APIを呼ぶことができます。Strong Remotingは、REST、WebSocketsなどの通信方法によるバックエンドを提供する、プラガブルな通信レイヤです。

以下の図は、主要なLoopBackモジュールが互いにどう関連し、どのような依存関係にあるかを説明しています。

LoopBackフレームワークのモジュール

カテゴリ

説明

用途

モジュール名

Models

ModelとAPIサーバ

素早く直接的にモデルをモックアップし、APIとして公開します。永続化について考える必要はありません。

loopback

Abstraction

物理永続化のためのモデルデータの抽象化

複数のデータソースまたはサービスに接続し、抽象化されたモデルを返します。モデルはどのように物理的に保存されているかに依存しないCRUD機能を提供します。

loopback-datasource-juggler

Initializationアプリケーション初期化

データソースの環境設定、モデルのカスタマイズ、モデルの環境設定やデータソースへのアタッチの設定を行います。また、アプリケーションの設定とカスタムブートスクリプトを実行します。

loopback-boot
Sequencingミドルウェア実行

ミドルウェアを設定します。ミドルウェアは、アプリケーションライフサイクル中のいろいろな時点で実行されます。

loopback-phase

Data

RDBMSやnoSQL物理データソース

RDBMSやnoSQLデータソースとの接続を可能にし、抽象化されたモデルを返します。

loopback-connector-mongodb

loopback-connector-mysql

loopback-connector-postgresql

loopback-connector-msssql

loopback-connector-oracle

Integration

一般的なシステムコネクタ

RESTのようなWebインターフェースや、SOAPのような一般的なエンタープライズインターフェースを用いてAPIを公開している既存のシステムと接続します。

loopback-connector-rest

loopback-connector-soap

Services

構築済みサービス

よくあるユースケースに便利に使うことが出来る、コンポーネント化された構築済みサービスと連携します。

loopback-component-push

loopback-component-storage

loopback-component-passport

loopback-component-sync
(in development)

Gateway

APIゲートウェイ

APIをセキュアにし、呼び出しと応答のワークフローに、QoSの視点を導入します。

loopback-gateway

loopback-component-oauth2

Clients

クライアントSDK

ネイティブプラットフォームオブジェクト (iOS, Android, AngularJS) を用いて、REST経由でLoopBack APIと通信するクライアントアプリを開発します。

loopback-sdk-ios

loopback-sdk-android

loopback-sdk-angular